2017年11月21日(火)

米大統領、対北朝鮮「解決策ある」 中国に圧力要求
習氏「米中協力、唯一の選択肢」

トランプ歴訪
中国・台湾
北米
2017/11/9 10:37 (2017/11/9 13:52更新)
保存
共有
印刷
その他

 【北京=永沢毅、永井央紀】トランプ米大統領は9日午前、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席と北京の人民大会堂で会談した。トランプ氏は北朝鮮の核・ミサイル問題について「解決策があると確信している」と述べ、北朝鮮への圧力をさらに強化するよう求めた。習氏は「米中両国にとって協力こそが唯一の正しい選択肢だ」と表明した。

 トランプ氏は首脳会談で、多額の対中貿易赤字について「過去の米政権がこんな具合の悪いことを容認してきたのは最悪だ」と不満を表明。「双方にとって公平にしていこう」と述べ、不均衡是正に向けた協力を迫った。

9日、歓迎式典に出席するトランプ米大統領(右)と中国の習国家主席(北京)=AP

9日、歓迎式典に出席するトランプ米大統領(右)と中国の習国家主席(北京)=AP

 中国メディアによると、習氏は「北朝鮮問題などで協力を強化し、中米関係をさらに発展させたい」と述べた。両首脳は朝鮮半島やアフガニスタンを含む問題で連携を強化することで一致した。習氏は「中米関係は歴史的なスタート地点にある」と表明。「協力できる分野に注目し、違いをコントロールしながら相互に利益をめざしていきたい」と述べた。

 トランプ氏も「米中関係は最も重要だ」と強調したうえで、「我々の問題だけでなく、安全保障など世界が抱える問題の解決で協力していきたい」と述べた。両首脳は会談後、共同記者発表に臨む。

 トランプ氏の訪中は就任後初めて。会談に先立ち開かれた歓迎式典では、中国人民解放軍が両国の国歌を演奏した。トランプ氏は李克強(リー・クォーチャン)首相とも会う。

 最大のテーマである北朝鮮問題では、北朝鮮を核放棄に追い込むため、トランプ氏がさらなる影響力の行使を習氏に求めたとみられる。習氏は石油供給の制限などを盛り込んだ国連安全保障理事会の制裁決議の履行など、中国側の取り組みを説明したとみられる。

 貿易不均衡の是正を巡っては、トランプ氏が米国の貿易赤字削減に向けた協力を迫ったもようだ。4月に米フロリダ州で開かれた初の米中首脳会談では、赤字削減のための行動計画をまとめていた。

 トランプ氏が南シナ海問題での中国の行動にどう言及したかも注目点だ。人権や台湾といった中国にとって敏感なテーマがどのように取り上げられたかも関心が高い。トランプ氏は先に訪れた日本と韓国でも、北朝鮮と貿易問題を重点的に議論した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報