AV出演強要の被害後絶たず 大阪のNPOが相談窓口
警察も啓発・検挙に力

2017/11/9 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

撮影会を装うなど言葉巧みな勧誘にだまされ、アダルトビデオ(AV)への出演を強要される被害が後を絶たない。学生証を示させて撮影するなど悪質な手法が目立つ。警察が摘発に力を入れ、NPO法人の相談窓口も増えているが、関係者は「インターネットや繁華街など勧誘の場は身近にあり、まじめな子供や若者が被害に遭っている」と警鐘を鳴らす。

「アイドルのような服を着るモデルを募集」。20代女性は中部地方の高校3年だ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]