2017年11月23日(木)

イクラ高騰で…北海道でサケ卵盗難相次ぐ

社会
2017/11/9 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 北海道にあるサケの人工ふ化施設で、雌ザケの腹が割かれ卵が持ち去られる被害が相次いでいる。サケの不漁によるイクラの価格高騰が背景にあるとみられ、漁協などは警備強化に乗り出す構えだ。東京都内ではイクラの値上げに踏み切るスーパーなどが目立ち、食卓にも影響が出始めた。

 10月24日朝、北海道岩内町の人工ふ化施設で、サケ約170匹の腹が裂かれ卵を取られているのを職員が見つけた。ふ化施設を運営する岩内郡漁業…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

柳元孝二イクラ高騰イクラ北海道島秀雄



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報