2017年11月21日(火)

東ソー・ハイテック、周南に新工場 面積倍増 バイオ機器増産

ヘルスケア
環境エネ・素材
中国・四国
2017/11/9 1:00
保存
共有
印刷
その他

 東ソーの製造子会社、東ソー・ハイテック(山口県周南市)は8日、本社工場の横に新工場棟を建設し、工場の面積を倍増すると発表した。本社工場で製造しているバイオ分野の計測機器や医療用の診断機器の販売が好調で増産する。新工場棟は12月に着工し、2020年7月の操業開始を予定している。

 周南市の本社隣接地に約9000平方メートルの土地を確保し、建築面積約4300平方メートルの新工場を建設する。総投資額は13億4000万円。地元を中心に20人程度の新規雇用を見込んでいる。

 従来の本社工場もほぼ同規模のため、面積が倍増する。現在、出荷ベースで機器を年間2500台製造しているが、新工場稼働後は3300台に増やす計画だ。

 東ソー・ハイテックは東ソーのバイオサイエンス事業の製造部門で、液体クロマトグラフィーなどの計測機器や、免疫診断、遺伝子検査、糖尿病の診断機器などを製造している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

工場建設東ソー・ハイテック東ソー新工場



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報