2017年11月22日(水)

プロ野球

ベイスターズの観客動員、過去最多の198万人に

南関東・静岡
2017/11/8 22:00
保存
共有
印刷
その他

 プロ野球の横浜DeNAベイスターズは8日、2017年のレギュラーシーズンの主催試合の観客動員数が過去最多の197万9446人だったと発表した。本拠地の横浜スタジアムの稼働率も96.2%で最高だった。セリーグ3位からクライマックスシリーズを勝ち抜き、19年ぶりに日本シリーズに進出するなど、好成績が観客動員を後押しした。

好成績が観客動員につながった

 横浜スタジアムの収容人数は約29000人。主催71試合のうち63試合が大入り満員になるなど、チケットが入手しづらい状態が続いた。球団などは同球場が2020年東京五輪・パラリンピックの野球、ソフトボールの主会場になることも踏まえ、11月末から改修に着手する。20年シーズンには約35000人に増える予定だ。

 ベイスターズは12年シーズンからディー・エヌ・エー(DeNA)の傘下に入り、試合中の演出の充実などファン獲得に力を入れてきた。球団は16年に横浜スタジアムの運営権を取得。オリジナル醸造ビールなど特色のある独自開発の飲食品を提供するなどして、観客層の幅を広げている。

 DeNAが経営に参画する前の11年シーズンに比べると観客数は約80%増加。今シーズンのファンクラブ会員数も8万7503人になり、11年シーズンの13.6倍に達した。

 ベイスターズは17年からスポーツで街ににぎわいをつくる「横浜スポーツタウン構想」にも着手。3月には球場近くに新たなスポーツ産業の創出を狙うシェアオフィスやカフェ、コンセプトショップなどを併設した施設「THE BAYS」を開業した。横浜市と地域活性化の包括連携協定を結び、横浜市立小学校の給食に選手寮「青星寮」食堂のカレーのレシピを提供するなど、活動の幅を広げている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 2015年にドラフト2位で入団して京大出身初のプロ野球選手となったロッテの田中英祐投手(25)が22日、現役引退を発表した。球団からフロント入りを打診されていたが、大手商社への就職を選んだ。
 田中英 …続き (11:37)

 ポスティングシステムを利用して米大リーグ移籍を目指す西武の牧田和久投手(33)が21日、東京都内で取材に応じ「容認してもらえたのはありがたく思うし、向こうでやるからにはしっかり結果を残したい」と球団 …続き (21日 22:30)

 楽天は21日、西武を戦力外となった渡辺直人内野手(37)を獲得したと発表した。背番号は26。8季ぶりの古巣復帰となり「また仙台でプレーできる機会をいただき、大変ありがたく思う」と球団を通じてコメント …続き (21日 20:38)

ハイライト・スポーツ

[PR]