ホクレン商事、スーパーに「エゾカ」導入

2017/11/8 22:30
保存
共有
印刷
その他

ホクレン商事(札幌市)はサツドラホールディングス(HD)子会社のリージョナルマーケティング(同)と、エゾカの利用促進を目的としたパートナーシップ協定を締結した。リージョナルマーケティングが運営する共通ポイントカード「EZOCA(エゾカ)」を導入。2018年2月から、運営する道内の一部スーパーでエゾカを使えるようにする。

ホクレンショップなどで「エゾカ」が使えるようになる

パートナーシップ協定は1日に結んだ。ホクレン商事のスーパー「ホクレンショップ」など札幌市を中心とした28店舗に導入する。同社は道内でスーパーを約70店舗展開しており、順次エゾカの導入店舗を拡大していく見込み。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]