2017年11月20日(月)

五輪や人手不足対策で協力 都知事と東商会頭が懇談

東京
2017/11/8 22:00
保存
共有
印刷
その他

 東京都の小池百合子知事と東京商工会議所の三村明夫会頭は8日、2020年東京五輪・パラリンピックを控えた取り組みや企業の人手不足対策をテーマにした懇談会を都庁内で開いた。五輪への機運盛り上げや働き方改革などで連携する必要性を改めて確認した。それぞれの現場での協力や情報共有を進める方針だ。

 小池知事と東商会頭が個別の政策分野に絞って意見交換する懇談会を開くのは初めて。三村会頭は「これをスタートに今後も定期的に懇談していきたい」と提案した。今後もテーマを決めた会合の開催を検討する。

 8日の会合では東商側が20年五輪に向けた活動計画を策定していると説明した。ボランティアなどを通じ、大会成功に積極的に参加・協力する意向を表明した。人手不足に関しては中小がとりわけ深刻で、女性や高齢者の活躍支援や働き方改革の必要性を改めて訴えた。

 小池知事は子育て支援や超高齢社会対策などを例に挙げながら「都としては人に的を当てた政策をやっていきたい。グローバルな都市間競争に打ち勝つために連携していきたい」と語った。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

小池百合子三村明夫都知事東京商工会議所東京都東商



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報