2017年11月22日(水)

工場産野菜の栄養多く 京都の新興、開設を受注 京都府大の技術活用

スタートアップ
関西
2017/11/9 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 植物工場設計・施工の恵葉&菜(けいはんな)健康野菜(京都市)は、栄養価の高い野菜を生産する工場を受注する新事業を始める。京都府立大学の栽培技術を採用して、ビタミンやミネラルなど栄養素を多く含むうま味のある野菜の生産を可能にする。低農薬や計画生産を強みとする植物工場の市場が拡大していることから、露地野菜に比べ栄養が少ない課題を克服して受注を拡大、5年後をメドに年商10億円に育てる計画だ。

 同社は2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報