2019年6月27日(木)

民進分裂が促す新陳代謝 閣僚経験ない中堅に出番

衆院選2017
2017/11/8 17:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

先の衆院選での民進党分裂が野党に新陳代謝を促している。先月31日に民進の新代表に就いた大塚耕平氏(58)、8日告示の希望の党の共同代表選に立候補した玉木雄一郎氏(48)と大串博志氏(52)は3人とも閣僚経験はない。党三役も旧民主党が下野した後に大串氏が政調会長を務めただけだ。「ポストのたらい回し」が指摘された民進の出身者の世代交代が進むかどうかは、彼らの成否にかかっている。

「新しい政党の役割は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。