ジード、AI活用し売り上げ予測算出

2017/11/9 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

企業向けクラウドサービスのジード(宇都宮市)は、小売店向けに人工知能(AI)を活用した売上予測サービスを提供する。クラウド上に保存した過去の業績のデータをAIが分析し、将来の売上高などを予測する。1社を相手に試験的に運用中で、2018年の一般提供を目指す。小売店の営業計画策定を助け、3年で5億円の売り上げを目指す。

過去の店舗ごとの売上客数と売上金額、売上商品数、曜日、天候、販促イベントの有無の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]