2017年11月22日(水)

日本の建築が変わる? 耐震補強材に炭素繊維強化プラ

住建・不動産
コラム(テクノロジー)
科学&新技術
(1/2ページ)
2017/11/14 9:41
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の製品が耐震補強材として日本で初めて標準化される見込みだ。欧米では複雑な意匠の建築に、CFRPを含む繊維複合材の活用が増えており、日本でも利用拡大が期待できそうだ。

■経産省の新制度が後押し

 小松精練(石川県美濃市)と金沢工業大学革新複合材料研究開発センター(ICC)が共同開発したCFRPの製品が、2018年をめどに耐震補強材としてJIS(日本工業規格)化される…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報