2018年10月21日(日)

10/21 15:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 始動する臨海部経済圏 「NEO TOKYO」こんな街に[有料会員限定]
  2. 2位: 一段の新興国通貨安、市場が警戒 利上げ判断が焦点[有料会員限定]
  3. 3位: 世界最大の資産運用会社が企業に求める「理念」[有料会員限定]
  4. 4位: 中国に振り回される日本株 決算にらみリスク見極め[有料会員限定]
  5. 5位: 下げ相場では早逃げ、青木貞吉氏

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,532.08 -126.08
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,530 -60

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

10月19日(金)14:18

中国の7〜9月期GDP6.5%成長 2期連続で減速[映像あり]

9月の工業生産高↑5.8% 小売売上高↑9.2%

10月19日(金)13:05

[PR]

投信ニュース

フォローする

来週の新規設定ファンド(11月13~17日)

2017/11/10 12:00
保存
共有
印刷
その他

来週(11月13~17日)の国内公募の投資信託は、12本の新規設定が予定されている。いずれも設定後いつでも購入できる「追加型」。

このうち楽天投信投資顧問が17日に運用を始める「楽天・新興国株式インデックス・ファンド<愛称:楽天・バンガード・ファンド(新興国株式)>」は、世界の新興国市場の株式相場を反映した指数に連動するインデックス型の投信だ。販売手数料がゼロの「ノーロード型」で、実質的な信託報酬は年0.2696%(税込み)と安い。米バンガード社が運用する低コストの上場投資信託(ETF)に投資する。

同じ「楽天・バンガード・ファンド」シリーズでは、日本を含む世界の株式と米国株式の値動きに連動する2つのタイプが9月末に設定され、2018年からスタートする積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)の対象になっている。

(QUICK資産運用研究所 小松めぐみ)

投信ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム