/

米2州知事選、民主が連勝 トランプ氏は批判

(更新)

【ワシントン=川合智之】米南部バージニア州知事選が7日投開票され、民主党のラルフ・ノーサム副知事が当選した。同日投開票の東部ニュージャージー州知事選も民主のフィル・マーフィー元駐独大使が当選した。

バージニア州は大統領選の激戦州として知られ、2018年秋の議会中間選挙の前哨戦として注目されていた。共和党候補のエド・ギレスピー元党全国委員長はトランプ大統領と距離を置き、無党派の取り込みを図ったが及ばなかった。

トランプ氏は当確情報が報じられるとツイッターで「ギレスピー氏は頑張ったが、私を受け入れなかった」と距離を置いたことを非難した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン