2019年9月16日(月)

ベトナム火力に民間資金 丸紅連合が建設・運営・譲渡
財政難解消の切り札に

2017/11/8 10:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ダナン=富山篤】ベトナムがインフラへの民間資金活用を進める。北部タインホア省に計画中の大型火力発電所をBOT(建設・運営・譲渡)方式で整備することで8日、丸紅などと契約を結ぶ。総事業費は25億ドル(約2900億円)で契約期間は29年間。大型インフラでの民間資金活用は初めてで、ベトナムの財政難を解消する切り札になりそうだ。

10日に越ダナンで開幕するアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。