/

この記事は会員限定です

米金利上昇マグマ、蓄積の兆し?

米州総局 大塚節雄

[有料会員限定]

7日の米株式市場でダウ工業株30種平均は6日続伸し、4日連続で過去最高値を更新した。主要企業の決算発表がほぼ一巡したなかで取引材料は少なく、前日を下回る水準で推移する時間帯も長かった。ハイテク株の比重が大きいナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに下落した。

最近の上値の重さは、金融株の値動きの鈍さが一因といえる。11月に入って米長期金利の低下(債券価格は上昇)傾向が目立ち、金利低下が収益に逆風に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1225文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン