2017年11月22日(水)

「米議会は維持意向」 イラン核合意でEU代表

ヨーロッパ
中東・アフリカ
北米
2017/11/8 7:38
保存
共有
印刷
その他

 【ワシントン=共同】欧州連合(EU)のモゲリーニ外交安全保障上級代表は7日、米欧などとイランが2015年に結んだ核合意について「再交渉の余地はない」と欧州の立場を改めて強調した上で「米議員らと協議したが、議会は核合意を維持しようとしている」と語った。訪問先の米首都ワシントンで記者会見した。

 トランプ米大統領は10月、核合意の実効性を認めない方針を表明。核開発制限の一部に期限があることなど合意の「欠陥」を修正するため国内法を改正するよう米議会に求めていた。米国が核合意を破棄するとの懸念が強まる中、モゲリーニ氏は今後の方針について米政府や議会と協議するため訪米していた。

 モゲリーニ氏は会見で、共和、民主両党議員との会合から、米国は核合意を履行し続けるとの「明確な意思表示」を得たと説明。一方で、米議会が改正を進めている関連国内法の内容については内政問題として言及を避けた。

 米議会は12月中旬までに、合意に伴い解除した核関連の対イラン制裁を再発動するかどうかを決定する必要がある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報