2017年11月19日(日)

アフガン3000人増派で合意へ、NATO事務総長

南西ア・オセアニア
ヨーロッパ
2017/11/7 22:21
保存
共有
印刷
その他

 【ブリュッセル=森本学】北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は7日、ブリュッセルのNATO本部で記者会見し、8日から開く国防相理事会で、アフガニスタンのNATO駐留部隊の増派規模で合意できる見通しだと語った。すでに戦闘任務は終え、現在は約1万3千人がアフガン軍の訓練や支援業務を担う。増派の規模は約3千人で、ほぼ半分が米軍になるとの見込みを語った。

 ストルテンベルグ氏は「アフガンの膠着状態を解消するために部隊の人数を増やすことを決めた」と説明。NATO加盟国の国防相は具体的な増派の規模で9日に合意する見通しだ。

 アフガンでは反政府勢力タリバンが勢力を盛り返して治安の悪化が深刻になっている。NATOは6月の国防相理事会でアフガンへの増派の方針では一致したものの、具体的な規模の合意は先送りしていた。アフガンを巡ってはマティス米国防長官が9月、米軍を3000人以上増派する方針を表明していた。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報