2017年11月19日(日)

東京・江古田にマンション・福祉施設の街、18年秋

東京
2017/11/8 1:00
保存
共有
印刷
その他

 東京都中野区江古田でマンションの近くに病院や保育・介護施設など福祉インフラを集めた街が2018年秋に誕生する。都市再生機構(UR)や積水ハウス、地元の総合東京病院が連携し、遊休地約4ヘクタールを再開発する。都心に比較的近い地の利も生かし、子育て世帯やシニア層、学生など幅広い世代を呼び込む考えだ。

「江古田の森公園」に隣接し、豊かな自然環境もアピールする(イメージ)

 再開発事業「江古田の杜プロジェクト」ではURが取得した国家公務員宿舎跡地に各種施設を整備する。積水ハウスが手掛ける分譲マンション(約530戸)は18年2月に完成する。同8月には賃貸マンション(約400戸)もできる計画だ。

 マンションから徒歩圏内に認可保育所や学童保育施設、サービス付き高齢者住宅、介護付き有料老人ホームも順次整備する予定だ。住民同士の交流スペースも設け、イベントや災害時の拠点として活用する。再開発の投資額は明らかにしていない。

 これに先立ち、総合東京病院が4月に新病棟を開設した。病床数は既存病棟と合わせて約500床に拡大。新病棟は病児保育や小児救急、高齢者の回復期リハビリなどに重点を置き、「小児から高齢者まで一貫してサービスを提供する」(同病院)という。

 再開発計画地は都営地下鉄大江戸線の新江古田駅から徒歩8分、西武池袋線の江古田駅から徒歩17分の場所。新宿や池袋にアクセスしやすく、「職住近接」志向の強い層の取り込みも狙う。「江古田の森公園」に隣接しており、豊かな自然環境もアピール。区立の小学校や図書館にも近く、教育環境が整っていることも売り物にする考えだ。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

積水ハウスマンション福祉施設都市再生機構



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報