2019年8月25日(日)

台風21号、神奈川県内約7億円の被害

2017/11/7 22:00
保存
共有
印刷
その他

神奈川県は7日、10月下旬の台風21号による神奈川県内の被害が少なくとも7億3000万円に上る見通しだと発表した。江の島(藤沢市)の定置網や三崎漁港(三浦市)の防波堤の破損、道路の崩壊など沿岸部を中心に被害は広範にわたり、被害額はさらに増える可能性もある。黒岩祐治知事は同日の記者会見で「復旧に向けては補正予算での対応も視野に入れる」との考えを示した。

三崎漁港では防波堤の破損など大きな被害が出た

江の島では大型定置網が破損したり、消波ブロックが折れたりするなど大きな被害が出た。台風の接近が満潮のタイミングに重なったことも影響し、「江の島では経験のない高波になった」(黒岩知事)という。

三崎漁港では防波堤の破損などがあり、漁港の被害額は1億円以上。海中にある防波堤の基礎部分の被害状況は11月中にまとめる方針だ。県内の台風被害では昨年、被害額が最も大きかった台風9号で約8300万円だった。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。