オウム観察処分更新請求へ 公安庁

2017/11/7 20:52
保存
共有
印刷
その他

団体規制法に基づくオウム真理教への観察処分が来年1月末で3年間の期限を迎えるのを受け、公安調査庁が今月中旬、公安審査委員会に更新請求する方針を固めたことが7日、同庁への取材で分かった。オウム後継団体とされる「アレフ」、2007年に分派した「ひかりの輪」に加え、今回はアレフからさらに分派した新たな団体も処分対象に加える。更新請求は6回目。

公安庁などによると、新たな団体は、前回更新決定した15年1月以降、内部対立でアレフから分派した30人程度で構成され、金沢市などに拠点を置いている。松本智津夫死刑囚(麻原彰晃、62)を前面に出して活動しているという。

教団元幹部の上祐史浩氏(54)が設立したひかりの輪について、東京地裁は今年9月の判決で、松本死刑囚への帰依を深めるアレフとは別団体として、観察処分を取り消した。国は判決を不服として控訴している。今回の更新請求を受けて更新が決定しても、裁判で国の敗訴が確定すれば更新決定も無効になる。

前回更新決定以降、今年10月末までに、公安庁は各地の施設に計76回立ち入り検査を実施している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]