2017年11月20日(月)
速報 > 人事 > 記事

タカラトミー、メイ社長が退任 コーラ流で「リカちゃん」再生

ビジネス
2017/11/7 19:03
保存
共有
印刷
その他

 タカラトミーは7日、ハロルド・ジョージ・メイ社長(53)が12月31日付で退任すると発表した。「改革の道筋をつけ、自分の役割が達成できた」として、辞任を申し出た。生産や物流改革でメイ氏を支えた小島一洋副社長(56)が2018年1月1日付で社長に昇格する。

 メイ氏は14年、日本コカ・コーラ副社長からタカラトミーの最高執行責任者(COO)に就いた。タカラトミーは当時、米国事業の不振で大幅赤字に陥るなど苦境に立っていた。メイ氏はコカ・コーラなど外資系企業で培ったマーケティング戦略を社内に浸透。着せ替え人形「リカちゃん」の売り上げを4年連続で伸ばすなど定番玩具の再生につなげた。

 小島 一洋氏(こじま・かずひろ)83年(昭58年)東大教養卒、三菱商事入社。08年丸の内キャピタル執行役員。09年タカラトミー社外取締役、17年副社長。大分県出身。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報