ゴールドマン、企業投資を再拡大 日本で1000億円規模

2017/11/7 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米投資銀行大手、ゴールドマン・サックスが企業投資を本格化する。高成長を見込む新興ベンチャーに出資するほか、日本では共同で海外企業の買収も手がける。自己資金やファンドを使った投資を再び増やし、日本での投資額は今後1~2年で1000億円規模に達する可能性がある。トランプ政権下の米国で金融規制を巡る環境に変化の兆しがあるなか、世界で収益源を多様化させ成長軌道への回帰を目指す。

ゴールドマンは7日、名刺…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]