2017年11月18日(土)

SCSK、ウエブアプリ作成ツールにRPA機能搭載

ネット・IT
エレキ
モバイル・5G
2017/11/7 17:23
保存
共有
印刷
その他

 システム開発のSCSKは7日、ウエブアプリ作成ツールに、定型業務をソフトウエアロボットに代行させる「ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)」の機能を搭載すると発表した。価格は月額4500円からで、2018年4月の提供開始を予定している。

 ウエブアプリ作成ツール「セルフ」は、ブラウザーベースの業務アプリを表計算ソフトを操作する感覚でつくれる。セルフで作成した業務アプリの操作を、RPAのロボットで自動実行する機能を追加した。ロボットはマウス操作で開発するできるため、IT(情報技術)の専門知識がなくても導入可能という。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

SCSKRPARPA機能ウエブアプリ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報