2017年11月22日(水)

「Sクラス」、運転支援装備が充実(新製品・解剖)
メルセデス・ベンツ日本

コラム(ビジネス)
自動車・機械
2017/11/10 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 2013年発売の旗艦セダンを一部改良した。メルセデス・ベンツブランドとして初めて、スマートフォン(スマホ)を使って車外から並列駐車と縦列駐車がともにできる「リモートパーキングアシスト」や照射距離が650メートルと長距離のハイビームを導入するなど運転支援、快適装備を一段と充実。外観も小幅変更し、機種によりエンジンも刷新した。

 セダン「Eクラス」に導入した運転支援装備をベースに一部機能を強化した。高…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報