/

セールスフォースとグーグル、クラウドサービスで提携

ITpro

米Salesforce.com(セールスフォース・ドットコム)と米Google(グーグル)は2017年11月6日(米国時間)、クラウドサービスに関して戦略提携すると発表した。Salesforceが自社サービスのITインフラに「Google Cloud Platform(GCP)」を採用するほか、両社のSaaS(Software as a Service)同士でデータ連携などを実現する。

Salesforceは2016年に「Amazon Web Services(AWS)」を「Preferred Public Cloud」に採用し、カナダやオーストラリアでAWSの使用を開始している。今回SalesforceはAWSに加えてGCPをPreferred Public Cloudに採用した。SalesforceのRyan Aytay氏は「AWSとの関係に変更は無い」と語り、AWSとGCPを併用する見解を示した。どの国・地域でGCPを使用するかについては未定としている。

オンラインとオフラインのデータを統合して分析

SalesforceのSaaSとGoogleの「G Suite」が連携することで、CRM(顧客関係管理)である「Salesforce CRM」のデータをGmailで参照できるようになったり、UI(ユーザーインターフェース)プラットフォームである「Salesforce Lightning」を使って開発したSalesforceの画面に、GmailやGoogle Sheetsを埋め込めるようになったりする。

SalesforceのSaaSとGoogleの「Google Analytics 360 Suite」が連携することで、Google Analyticsで管理するオンラインのユーザー行動データを「Salesforce Marketing Cloud」に取り込んだり、「Salesforce Sales Cloud」で管理するオフラインのユーザー行動データをGoogle Analyticsに取り込んで、オンラインとオフラインのユーザー行動を統合的に分析したりできるようになる。

SalesforceのCRMアプリケーション担当Executive Vice PresidentであるMike Rosenbaum氏は「数百万人以上が利用するSalesforceとGoogleのアプリケーションが連携することで、ユーザーの生産性やエクスペリエンス(体験)を大きく改善できる」と語った。

(日経BP社シリコンバレー支局 中田敦)

[ITpro 2017年11月7日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン