2017年11月19日(日)

途上国から学ぶまちづくり 奥井利幸氏 野毛坂グローカル代表

私見卓見
2017/11/8 2:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 途上国への国際協力といえば、従来は日本の知見や技術を移転したり、資金協力したりすることが主だった。保健衛生の向上、橋や道路といったインフラ整備などである。

 一方通行の協力ではなく、最近は途上国とのパートナーシップ重視がうたわれる。感染症がまん延すれば日本にも影響するし、経済発展は日本の成長にもつながるからだ。

 私は国際協力機構(JICA)で長く途上国でのまちづくりに関わってきた。その経験を生かし…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

電子版トップ

関連キーワードで検索

奥井利幸途上国国際協力こども食堂国際協力機構



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報