/

この記事は会員限定です

途上国から学ぶまちづくり 奥井利幸氏

野毛坂グローカル代表

[有料会員限定]

途上国への国際協力といえば、従来は日本の知見や技術を移転したり、資金協力したりすることが主だった。保健衛生の向上、橋や道路といったインフラ整備などである。

一方通行の協力ではなく、最近は途上国とのパートナーシップ重視がうたわれる。感染症がまん延すれば日本にも影響するし、経済発展は日本の成長にもつながるからだ。

私は国際協力機構(JICA)で長く途上国でのまちづくりに関わってきた。その経験を生かし、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り773文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン