2017年11月24日(金)

ヒュンダイ、イスラエルのITスタートアップに投資

AI
自動運転
BP速報
2017/11/7 23:00
保存
共有
印刷
その他

日経テクノロジーオンライン

 韓国の現代(ヒュンダイ)自動車は、自動車の先進技術開発を加速するため、イスラエルのスタートアップ企業に投資する計画を2017年11月1日に発表した。イスラエルに投資拠点を開設し、人工知能(AI)やサイバーセキュリティー、自動運転などの分野で大きなブレークスルーを果たす技術に注目して、投資先を決める。

イスラエルのスタートアップ企業への投資計画を発表したヒュンダイ

イスラエルのスタートアップ企業への投資計画を発表したヒュンダイ

 韓国の自動車メーカーは、韓国科学技術院(KAIST)と共同でテクニオン・イスラエル工科大学と覚書を締結し、将来のモビリティー技術を研究するHTKコンソーシアムを結成した。ヒュンダイはイスラエルの先進技術、特に輸送部門のエコシステムに関心があったことから、覚書を締結したという。

 投資の第1段階では、HTKコンソーシアムがヒュンダイとイスラエルのスタートアップ企業との橋渡しを務め、創造的なアイデアを持つ投資先企業を決める。第2段階では、潜在的な創造性が期待できる大手ベンチャー企業へ投資する。投資は直接投資と間接投資があり、商業化につなげる。

 2018年に開設予定のオープンイノベーションセンターは、スタートアップ企業と密接なパートナーシップを構築する。また、地元の大学や企業との関係も強化し、中長期的な計画を推進する研究開発センターとして確立させる計画だ。

 ヒュンダイは2017年2月に戦略技術部門を設置した。この部門は、AIや先端材料、エネルギー、ロボット技術、情報通信技術など将来の先端技術に関する研究を統括する。研究開発を進めるエンジニアと、新技術を基にしたビジネスモデルを創る戦略担当の2つに分かれている。同社は、将来のスマートモビリティー社会に向けての技術リーダーになり、市場形成を目指す。

(日経テクノロジーオンライン 櫛谷さえ子)

[日経テクノロジーオンライン 2017年11月7日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

日経BPの関連記事



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報