/

#03 孫正義氏が見せた涙 ソフトバンク膨張の原点

「晴れやかな気持ちだ」。ソフトバンクグループ社長の孫正義(60)は、米国の携帯統合計画が破談となった後、こう話した。あくまでも米スプリントの主導権にこだわり、拡大路線を追求する。15兆円に上る有利子負債に市場が及び腰となる中、10兆円ファンドの次にめざす100兆円ファンド構想も口にする。あくなき拡大戦略の原点について聞くと、ある人物の名を口にした。

25テーマ連載
電子版「ビジネス」がオープンしました。国内外のあらゆる産業を業種ごとにフォローできます。「コンフィデンシャル」では25業種・テーマの内幕ルポを約1カ月にわたり連載中です。

自宅での最終交渉も決裂

11月4日、孫がオーナーを務める福岡ソフトバンクホークスの日本一がかかった試合の観戦を見送り、孫は都内の自宅にある外国人を招いていた。ドイツテレコム最高経営責任者(CEO)のティモテウス・ヘットゲスだ。

ソフトバンク傘下の米携帯4位スプリントをドイツテレコム子会社のTモバイルUSと統合させる構想は、10月半ばには統合で大筋合意に達するが、孫は統合新会社の経営権にこだわり、取締役会で交渉打ち切りを決めた。孫が電話で統合撤回の意向を伝えると、ヘットゲスは最後の望みを託して来日した。だが、話し合いは平行線に終わり、2人は統合交渉の中止を決めた。

この日、ヘットゲスとの緊急会談が入らなければ、孫が福岡市のヤフオクドームでホークスの優勝を一緒に観戦していたかもしれない人物がいる。孫の実父、孫三憲(みつのり、81)だ。

2カ月前の9月2日、背格好も表情もそっくりの親子はヤフオクドームのバックネット裏のVIPルームにいた。親子の会話が最近の息子の仕事ぶりに及ぶと、孫がいつになくまじめな表情で父につぶやいた。米携帯統合の話ではない。

「10兆円なんかじゃ全然足らん。俺は100兆円を動かすっと」。息子の大風呂敷は聞き慣れたつもりだった三憲だが、さすがに驚きを隠せない。「サウジの王様のお金ば預かって10兆円も作ったのに、どげんしてそんなことを考えよっと」

孫三憲氏インタビューを関連記事に

「実は正義が小学3~4年の時に『日本国籍に変えてくれ』と私に言いよったことがあるんです」

父親に明かした100兆円ファンド構想。米携帯電話再編の渦中にありながら、孫の頭の中はべつのことで占められていた。記者にもこう話した。「僕が今、本当は何に時間を使っているかといえば(100兆円ファンドの)仕組みを作るのに、なんだ」

「10兆円、2年で使いきってしまう」

ソフトバンクの連結有利子負債は15兆円近くに達する。17年3月期の利払いは4600億円を超える。グループの規模が膨張するのに比例してその事業や構想について行けなくなる人が増える。携帯統合破談など、同社にネガティブな事象が起きれば必ずクローズアップされるのが、国家予算並みの負債の大きさだ。

孫自身はソフトバンクを「実質無借金」と認識している。中国アリババ株など、手持ちの保有株は価格が判明している上場株だけでも22兆円を超える。いざとなればこれを売ればいいという腹があるのか。しかもソフトバンクの出資先の多くは非上場企業であり、それらを加えれば借金を返済してもなお巨額のおつりがくる計算だ。

孫は「このペースだと2年もすれば10兆円は使いきってしまう」と話す。10兆円ファンドの第2弾、第3弾を数年ごとに作り、いずれ100兆円規模に拡大させる。投資するのは人工知能(AI)を駆使して「産業を再定義するようなニューエコノミーのスター候補」たちだ。

こうした「異次元経営」の原点はどこにあるかを直接問うと、孫は突然父、三憲の名前を出した。

 「オヤジは泥水をすするような苦労を重ねて七転八倒しながら家族を食わせるために、次々と仕事を変えていった。その度にゼロから勝負していった」

密造酒、パチンコ、消費者金融

三憲はこれまでメディアの取材を避けてきたが、記者は孫正義の紹介で会うことができた。今では福岡県で2匹の秋田犬と悠々自適の生活を送るが、その半生は息子の正義がいうとおり苦難の連続だった。

三憲は佐賀県鳥栖市に在日韓国人2世として生まれた。住所は五間道路無番地。幅が5間(約9メートル)の道路を中心に不法占拠のバラック小屋が軒を連ねていた。三憲も安本という日本名を名乗りひっそりと暮らしていた。

子供の頃に親の故郷である韓国・大邱に帰ったが仕事がなく、再び日本に戻る。密入国だった。夜陰に紛れて日本海を進む船のエンジンが故障し、みるみると海水が入ってくる。「ここで死ぬんか」と思った時、日本の漁船が近くを通りかかった。なけなしのカネを渡して山口県までえい航してもらい、一命を取り留めた。

中学を出ると密造の焼酎を作り、自転車で売り歩いた。「でも、その頃は朝鮮人が作りよる酒には猫いらずが入っとるっちゅう噂ば流されよった」。心ない差別に苦しめられながらも、少しずつ資金をためていく。密造酒の作りカスで豚を育てて売りさばくようになるが、そこで一計を案じる。豚を載せた貨車が近くの駅に止まると、手にした紙に行き先を書きとめた。高値で売れる東京の精肉店を突き止めるためだ。

その後、パチンコ店や消費者金融へと事業を広げ、正義が中学に進む頃には裕福な生活を手に入れていた。

ADSL無料作戦の原型

正義が小学生の頃の話だ。三憲が喫茶店を開いたがオープンを前にどうも客足が悪そうだと思った。三憲が試しに息子にアイデアを聞いたところ「コーヒーをタダにしたらええ」と答えた。実際に無料券を配ると店は満席になった。

後の商才を連想させる話だが、三憲の話を聞くとどうやらその源流は三憲自身にあるようだ。

三憲は少年ながら、客の前で自ら作った酒を一緒に飲むことで、猫いらずの疑いを晴らし、売り歩いた。自ら売り歩くことに限界を感じると、訪問する村ごとに「一番の酒飲みは誰ったい?」と聞いて歩いた。「おっちゃんに一升瓶を一本タダであげるけん、あと2本分を売ってもらえんかね」

パチンコで規制がかかれば敷地内に釣り堀を併設し、「赤コイを釣ったら2万円差し上げます」と宣伝した。「実は赤コイは黒コイより安かったけど、客は誰も気づかんもんね。2万円もパチンコに使ってくれるから一石二鳥よね」。三憲はピンチを乗り切ったことを、昨日のことのように語る。

それから半世紀が経過した2001年9月、ソフトバンクは電話回線を使ったブロードバンド通信、ADSLの「ヤフーBB」サービスをスタートさせた。東京・秋葉原などの電気街で、赤いユニホームの営業員がADSLモデムを無料で配るゲリラ作戦が当時、話題となった。スマートフォンの割賦を使った「0円販売」も正義が生み出した販売手法。発想は同じだ。

 孫が父から引き継いだのは、こうした損して得を取れ式の商売の手法だけではない。三憲は次々と手掛ける新しい仕事を、自らのアイデアで広げていった。姿を変え続けることをいとわない経営が、本業を変え続ける孫の経営戦略のモデルとなっている。

孫正義ソフトバンクグループ会長兼社長

「お前は俺と違って」

この当時、正義には目に焼き付いて忘れられない光景があると言う。三憲は酒が入ると少年正義に繰り返し言って聞かせた。

「俺はお前たちを食わせるために目先のゼニカネを稼ぐ仕事ばかりしとう。でも、そんなんは本当にやりたか事やなかけんね。いいか正義、お前は俺と違って、でっかい志ば立てて生きんといかんとよ」

「そう言ってオヤジが泣くんですよ」。記者の前で父の言葉を再現した時、感極まった孫の左目に涙が流れた。父親が成し得なかった事業家の道を、いつか俺が歩んでみせる。少年時代の決意がその後の孫の人生を決定づけた。

家族を養うために事業を変え続けた父に代わり、孫は情報革命というフィールドで天下を取るために事業を変え続けると言う。

「正義はまだ中学生くらいの青さから抜け切らんでおるとよ。まだ花は咲かせておらん。けど、その未来がほんまにあるっちゅう気にさせてくれるんです。まったく、楽しませてくれますよ」

孫正義がめざす異次元の未来。父もまたその日が来ることを心の底から信じていた。息子に志を説いたあの日と変わらず。

=敬称略

(杉本貴司)

「コンフィデンシャル」最新記事はこちら。25の業種・テーマで連載中。

#05 「ビットバレー2.0」へ 渋谷の新たな住人たち「ビットバレー」の名前でネット関連の起業家が集まり一世を風靡した渋谷が、停滞期を乗り越え、活気を取り戻している。反権威的なわい雑さから独特の文化を醸す街に、伝統的企業も急接近。渋谷は新住人を受け入れ、新たなイノベーションを起こせるのか。

#04 アマゾンと激突 セブン、迫られる変身25年にわたりセブン&アイに君臨した鈴木敏文が退任し、井阪隆一体制となって1年半。井阪がマスマーケティングの軌道修正に急ぐなか、11月末には生鮮食品の宅配でアマゾン・ドット・コムとの対決が迫る。四半世紀の間にしみついた「鈴木流」を振り払えるのか。

#02 70歳のホンダ、再起動へもがく狭山工場の閉鎖を決め、国内の生産能力はスズキマツダを下回ることになる。成績低迷が続くF1ではドライバーから批判された。革新的で若々しいイメージは薄れ、「軽とミニバン」の印象が定着しつつある。2018年で設立70年を迎えるホンダはどこに向かうのか。

#01 メルカリ年内上場 瀬戸際の攻防メルカリ(東京・港)が年内に計画していた東京証券取引所への上場の延期が濃厚になった。スマートフォン向けのフリーマーケットアプリが爆発的に普及し、日本で唯一の「ユニコーン」と期待され、今年最も注目されるスタートアップに何が起きているのか。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン