2019年9月17日(火)

インタビュー

フォローする

ラグビー日本の目指す道 ブラウン・コーチに聞く

(1/2ページ)
2017/11/9 2:00
保存
共有
印刷
その他

ラグビー日本代表のキーマンが、攻撃や戦術の指導を担当するトニー・ブラウン・コーチだ。鋭い戦術眼から母国のニュージーランド(NZ)でも将来を嘱望される存在であり、日本でも長く選手、コーチを務めた経験を持つ。30-63で大敗した4日のオーストラリア戦の前に、日本の目指す道を聞いた。

――昨年、日本のコーチを引き受けた理由は。

「日本が好きで日本のラグビーを発展させたかった。(2019年の)ワールドカップ(W杯)日本大会での成功を後押ししたい気持ちもあった」

日本代表の合宿で指導するブラウン・コーチ(中央)

日本代表の合宿で指導するブラウン・コーチ(中央)

――ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)とのコンビでは、15年にハイランダーズ(NZ)をスーパーラグビー初優勝に導いている。2人の役割分担は。

「ジェイミーとはハイランダーズで3年間、指導をしていい連携がある。2人で日本のラグビーを進化させられると思う。ジョセフはチーム全体を見る。私はそれぞれの試合でどういうプレーをするかを担当しており、この分担がいいと思っている。戦術の組み立てはコーチ全員の意見を入れているが、一番先頭に立っているのは自分だ」

強豪に勝つための戦い方が必要

――15年W杯のパス主体の攻撃から、キックを多用する戦術に変えた。

「体の大きなチームは体格差で圧倒してくるから、日本は試合を速いテンポにしたい。そのために攻撃ではスピードを上げ、(キックなどで互いの陣形の乱れた)アンストラクチャーの状態を増やしたい。(パス主体の)攻撃ラグビーとキックを使ったラグビーを組み合わせ、バリエーションのある戦い方もしたい」

――今の戦術はハイランダーズと似ている。

「日本の選手が(ハイランダーズと)同じスキルと能力を持っているからだ。速いテンポでもプレーできるし、アンストラクチャーからのプレーも得意にしている。だから、アンストラクチャーをつくるためにキックを使う。チームがこの戦い方を理解し、必要なフィットネス(持久力)を得るのに多少の時間がかかる。強豪と比べて日本のフィットネスは30%劣っている」

――ただ、日本人は敏しょう性に優れるが、キックを追いかけるのに必要な中距離のスピードは長所ではない。広いスペースでタックルし、ボールを取り返すことも得意でない。

「そこは(ハイランダーズと日本の)違いなので、フィットネスなどをつけるのに時間が必要になる。しかし、日本は強豪に勝つための戦い方を確立しなければいけない。(格下の)香港や韓国に勝つのではなく、オーストラリアやNZ、イングランドなどに勝つためのプランを持っていないといけない」

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ラグビーコラム

電子版トップスポーツトップ

インタビュー 一覧

フォローする
玉塚元一氏

 「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングやローソンでトップを務め、2年前にIT関連企業の社長に転じた玉塚元一氏。常に挑戦し続ける精神はラグビーに植え付けられたと振り返る。
 ――慶大時代は全国大学 …続き (8/22)

ヒト・コミュニケーションズHD 安井豊明社長

 スーパーラグビーに参戦するサンウルブズの公式スポンサーを務めるヒト・コミュニケーションズ。安井豊明社長は個性を集めて戦うラグビーを企業組織とだぶらせる。
 ――ラグビーとの出合いは。
 「地元の大分舞鶴 …続き (8/20)

ヤマハ発動機の柳弘之会長

 ラグビーのトップリーグの強豪、ヤマハ発動機ジュビロ。苦難の時代にチーム再生をけん引したのは当時、社長に就任したばかりの柳弘之会長だった。

 ――ラグビーとのつながりは。
 「ラ・サール高校(鹿児島市)で …続き (8/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。