2018年10月20日(土)

10/20 7:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 中国に振り回される日本株 決算にらみリスク見極め[有料会員限定]
  2. 2位: 米国株、ダウ反発で64ドル高 好業績が後押し、週末控え上値は重く
  3. 3位: ギフト田川社長「横浜家系ラーメンでシェア4割」[有料会員限定]
  4. 4位: 金、くすぶる先高観 リスク回避で本格上昇も[有料会員限定]
  5. 5位: 新リース基準で負債急増 取引残高、116社で6.6兆円[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,532.08 -126.08
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,530 -60

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

10月19日(金)14:18

中国の7〜9月期GDP6.5%成長 2期連続で減速[映像あり]

9月の工業生産高↑5.8% 小売売上高↑9.2%

10月19日(金)13:05

[PR]

投信ニュース

フォローする

10月の公募投信、5カ月ぶりの資金流出超

2017/11/9 12:00
保存
共有
印刷
その他

10月の国内公募の追加型株式投資信託(ETFを除く)は、設定額から解約額を差し引いた資金動向が約720億円(QUICK資産運用研究所推計)の流出超だった。資金流出超に転じるのは5月以来5カ月ぶり。

投資対象の資産別では「日本株式型」からの流出が目立った。衆院選の与党大勝などを受けて株高が進み、利益確定を目的とした解約が膨らんだとみられる。海外の不動産投資信託(REIT)に投資するファンドからも資金流出が続いた。

一方、欧米や新興国で株式相場の最高値更新が相次ぎ、好成績の「海外株式型」には引き続き資金が流入した。

個別ファンドの資金流入首位は、前月に続き「野村PIMCO・世界インカム戦略ファンド Aコース」だった。同ファンドには4月以降、合計で約2000億円の資金が流入している。

2位は10月19日に設定された「ダイワ/ジャナス米国中型グロース株ファンド(為替ヘッジなし)」。継続的な成長が期待できる米国の中型株などに投資する。

資金流出超の上位には、海外REITに投資するファンドが並んだ。

(QUICK資産運用研究所 竹川睦)

投信ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム