/

麻生副総理「FTAでやらない」 日米貿易不均衡巡り

麻生太郎副総理・財務相は7日の閣議後の記者会見で、米国のトランプ大統領が言及した日米貿易不均衡の是正について「自由貿易協定(FTA)でやることはしない」との考えを重ねて示した。日米首脳は6日、貿易・投資のルールなど経済分野に関し、麻生副総理とペンス米副大統領が出席する「日米経済対話」で協議を続けていくことを確認している。

麻生氏はトランプ氏が日本に米国製の防衛装備品の購入を増やすよう要求したことについて「いま北朝鮮による脅威・圧力が我々の現実としてあるので、米国の武器は日本の安全保障にとって大きな意義がある」と述べ、一定の理解を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン