/

米とトルコ、ビザ発給を限定再開

【カイロ=飛田雅則】米国とトルコは相互に停止していたビザ(査証)発給業務を限定的に再開したことを明らかにした。AFP通信などが伝えた。昨夏にトルコで起きたクーデター未遂事件に関連した捜査で、在イスタンブール米総領事館のトルコ人職員が拘束されたことに反発。両国は10月、相互にビザ発給を停止していた。

AFPによると、トルコのユルドゥルム首相は7日から訪米する予定だ。米国側とビザ問題についても議論するとみられる。ビザ発給が部分再開したとの報道を市場は好感。通貨リラは対ドルで上昇した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン