2019年5月20日(月)

政府、辺野古埋め立てに着手

2017/11/6 23:30
保存
共有
印刷
その他

政府は6日、米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の移設先である同県名護市辺野古沿岸部で新たな埋め立て工事を始めた。これまで建設予定地の北側で埋め立て工事を進めてきたが、南西側2カ所で新工事に着手した。この工事が順調に進めば、来年夏には内側に土砂を投入する本格工事が可能となる見通しだ。

県は今年7月に工事中止を求める訴訟を起こしており、県側の反発は必至だ。翁長雄志知事は知事の許認可権を駆使しさらなる対抗策を練るとみられる。一方、政府は2016年末の埋め立て承認取り消しを巡る訴訟で国側の勝訴が確定し、決着済みとの立場だ。

来年2月には名護市長選が予定されており、新工事の開始が選挙戦にも影響を与える可能性がある。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報