/

この記事は会員限定です

長野・野沢温泉のビアパブ店がビール工場 保育園改修

[有料会員限定]

野沢温泉でビアパブを経営しているアングロ・ジャパニーズ・ブルーイング・カンパニー(AJB、野沢温泉村)は同村内の保育園だった建物を改修してビール工場を新設した。投資額は8000万円で面積は500平方メートル。1回の仕込みで2500リットル醸造することができる。

生産するビールは主に野沢温泉で自社経営するパブで提供しているが、工場の新設を機に卸売りも拡充する。販売...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り182文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン