/

不審電話の着信を拒否、目黒区が装置導入支援

東京都目黒区は振り込め詐欺などの特殊詐欺による被害拡大を防ぐため、不審な電話の着信を拒否する装置の導入を支援する。区の負担で装置導入を促す。地元の警察署と連携し、高齢者を中心に区内50世帯に協力を依頼。防止効果を検証する。

ソフト開発のトビラシステムズ(名古屋市)の着信拒否装置を各世帯の固定電話機に取り付け始めた。悪質な投資勧誘や詐欺などに使われた電話番号のリストに基づき、不審な番号からの電話は着信音が鳴らない仕組み。リストは随時更新していく。

目黒区では特殊詐欺被害が今年に入って急増。1~9月の被害件数は前年同期の2倍超の54件、被害額は3倍の1億8700万円強に達している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン