人工肉が世界を救う、起業家が挑む食料革命
Startup X(1) フードテック

ビジネス
(1/3ページ)
2017/11/7 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「21世紀最大のイノベーションは生物学とテクノロジーの交差点で生まれる」。米アップル創業者、故スティーブ・ジョブズ氏の予言実現へ、世界が動き出した。細胞を培養して作る「人工肉」では日本と米国が実用化を競う。主役は従来の常識を覆すスタートアップ企業だ。様々な課題を最新技術で解決する「Xテック」。1回目は人類の食料危機を救う可能性を秘める「フードテック」。

■人工フォアグラ、2021年に食卓へ

10月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]