/

この記事は会員限定です

中小型株「月初安」の謎 米利上げにらみリスク抑制

証券部 宮本岳則

[有料会員限定]

日経平均株価はバブル崩壊後の戻り高値まであと一歩に迫った。その響きに胸躍らす投資家が多いとの予想に反し、市場には高揚感が乏しい。むしろ中小型株のファンドマネジャーの間では、月初めに運用成績が悪くなる現象が話題になっている。世界的な株高の中でも安易にリスクをとらない投資家。その事情とは。

「夏ぐらいから月初めに決まって運用成績が悪化しているが、理由は分からない」。国内のベテラン中小型株ファンドマネジ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り989文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン