/

この記事は会員限定です

(北陸ウエーブ)福井の地場企業、デザイン思考を導入 顧客目線の先 商品磨く 慶応大が協力

[有料会員限定]

福井県の地場企業が「デザインシンキング」と呼ばれる新たな手法による製品開発に取り組んでいる。モノやサービスがあふれた現代では「普通に優れた」商品では見過ごされてしまう。消費者が思いも寄らない快適性や利便性を提供する斬新な商品を創造するのが取り組みの狙いだ。同手法などの研究拠点を県内に有する慶応義塾大学の専門家の支援を受け、技術力だけに頼らない開発アプローチを学んでいる。

婦人服生地を製造する畑岡(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1183文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン