2018年7月21日(土)

書斎のゴルフ

フォローする

スコアアップへ パーセンテージゴルフの勧め(4)

(1/3ページ)
2017/11/14 6:30
保存
共有
印刷
その他

 PGAツアーのプロやインストラクターにに精通する吉田洋一郎プロ。PGAの選手たちは皆ミラクルに思えるようなショットを放つが、実際は8割以上の確率で成功できると思うショットを放っているという。ならば、我々アマチュアも自分のレベルにおける8割以上の成功確率のショットを打つべきであり、そのことだけで大幅なスコアアップが図れると語る。その詳細を聞く。
(日本経済新聞出版社「書斎のゴルフ VOL.36」から)

アプローチは「乗せる」クラブを

 ――グリーン周りはどうなりますか?

 吉田 スコアを縮めるにはアプローチは大きなカギになります。なぜならば、アベレージゴルファーは7割はグリーンを外すからです。そこからいかにミスなくグリーンに乗せられるかが重要です。つまり、私が言いたいのは、いかに寄せられるかではないということです。

 ――寄せなくていいのでしょうか?

 吉田 例えばピンまで20メートルあるとして、1メートル以内にどれくらいの確率で寄せられるのでしょうか。おそらく10%以下でしょう。つまり、10回やって1回あるかないか。というのも、20メートルのパットでも1メートル以内に寄せられるのが、それくらいの確率だからです。

 ――アプローチならば、当然もっと確率は悪くなりますね。

 吉田 そうでしょう。ですから、寄せようとはしない。グリーンに乗ればいいわけです。となれば、まずはパターが使えるのならパターを使うこと。パターが使えなければ、6番でも8番アイアンでも構いません。スプーンやユーティリティーで寄せるのも確率が高いです。やったことがないということで拒絶するアマチュアがいますが、やってみればいかにやさしいかがわかります。それも、砲台グリーンの下からでも転がし、上げて難なく乗せることができます。ラフからでもポンと球を浮かせて転がして乗せることができる。まずは転がしを使うことなのです。

 ――ライにもよるでしょうが、転がしならばグリーンの外からでもアイアンで転がし、乗せることができるというわけですね。

 吉田 その通りです。花道からなら間違いなくグリーン手前から転がせばいいわけで、グリーンに確実に乗せられます。パターで打つよりもさらにやさしいですね。

 ――アプローチはどこからでもサンドウエッジというアマチュアもいます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

書斎のゴルフ 一覧

フォローする
南田プロ(右奥)は飛ばしのための関節や筋肉の柔軟性を高める指導もしている

 体幹を鍛えるトレーニングとゴルフレッスンの融合を実践している「TAIKANZ GOLF」。そこの若手実力派インストラクターである南田陽平プロは、飛ばし技術を習得させるだけでなく、飛ばしのための関節や …続き (6/18)

トップの切り返しで左足かかとを踏み込む

 米PGAツアーで活躍するトッププロのスイング解析や、世界一流のコーチたちから最先端のコーチングを学んでいる吉田洋一郎プロ。それだけに吉田プロのレッスンはゴルファーの潜在能力を最大限に引き出すとの高い …続き (5/22)

続いて左足を踏み込んでダウンスイング、フォロー

 米PGAツアーで活躍するトッププロのスイング解析や、世界一流のコーチたちから最先端のコーチングを学んでいる吉田洋一郎プロ。それだけに吉田プロのレッスンはゴルファーの潜在能力を最大限に引き出すとの高い …続き (5/14)

ハイライト・スポーツ

サッカーワールドカップ2018

会員権相場情報

[PR]