/

この記事は会員限定です

小麦不使用「グルテンフリー」お好み焼き 千房が開発

[有料会員限定]

お好み焼き店「千房」を展開する千房ホールディングス(大阪市)は、小麦粉を使わない、グルテンフリーのお好み焼きを開発した。米粉などを使い通常のお好み焼きに近い食感や風味にした。グルテンはアレルギーの原因の一つとされ、摂取を避ける食事法が欧米で普及している。メニューに取り込み、増加する訪日客のニーズに応じる。

まず2017年内にも関東や関西の直営店約30店で取り扱う。当面は豚玉だけになる見通し。厨房で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り343文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン