/

この記事は会員限定です

低コストでウナギ稚魚育成 新日本科学、完全養殖めざす

[有料会員限定]

医薬品動物試験受託大手の新日本科学は、ウナギの養殖に使う稚魚(シラスウナギ)の新しい人工生産技術の開発に成功した。地下水をろ過して再利用する循環型にしたのが特徴。地熱を使って水温を高めるため、設備の運営コストが半分以下に抑えられるという。商業的な完全養殖の要素技術になる可能性がある。同社は3年以内に養殖の事業化をめざす考えだ。

現在のウナギの養殖では天然のシラスウナギを採取して育てている。卵から成魚まで育て...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り598文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン