/

この記事は会員限定です

対日貿易赤字の削減、トランプ氏の出方読めず

[有料会員限定]

日米首脳会談では、通商問題を中心に経済も主要な論点となる。米側の説明によると、すでに両首脳は5日の「ゴルフ外交」で、通商問題を巡り協議したもよう。トランプ大統領が一連の首脳会談を通じて、対日貿易赤字の削減に向けた日本側の努力をどこまで要求するかは予断を許さない。

日本側はインフラやエネルギー輸出の協力を打ち出して理解を促す構えだが、トランプ氏が自動車の輸出拡大など個別の項目に踏み込む可能性もある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り545文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン