2019年6月17日(月)

化粧品、国内生産回帰を加速

2017/11/6 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国内外での「メード・イン・ジャパン」旋風を受け、化粧品メーカーが国内での増産に動き出した。国内工場を増強したコーセーは中国の生産子会社を売却し、日本からの輸出を増やす。資生堂は2020年までに国内で2工場を稼働させ、受託生産を手掛ける中堅メーカーも相次いで増産投資に踏み切る。高品質の「日本製」に関心を持った訪日客が帰国しても購入を続けるという流れが定着しつつあり、国内生産への回帰が加速しそうだ。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報