2018年8月20日(月)

カタルーニャ前州首相らの拘束要請 スペイン、ベルギーに

2017/11/4 6:44
保存
共有
印刷
その他

 【パリ=共同】スペイン北東部カタルーニャ自治州(州都バルセロナ)の独立問題で、スペイン司法当局は3日、反逆などの容疑での出頭命令を拒み、ベルギーに滞在中のプチデモン前州首相ら州政府の前閣僚計5人の拘束令状を発布した。スペイン政府は欧州連合(EU)を通じ、ベルギー政府に拘束と引き渡しを要請した。

 司法当局の声明によると、5人の容疑は反逆のほか反乱、行政への不服従、公金の不正使用。スペイン憲法裁判所の違憲判決を無視して、独立の是非を問う住民投票を10月1日に強行し、同27日に「独立宣言」を行ったことなどが内容とされる。

 プチデモン氏らは「公正な裁判が行われるとは考えられない」などとして同30日、ベルギーに渡航した。スペインに残った独立派ナンバー2のジュンケラス前州副首相ら前閣僚9人のうち、8人は出頭した後に「逃亡や証拠隠滅の恐れがある」として11月2日、身柄拘束された。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報