2019年3月19日(火)

韓国保守系野党代表、朴槿恵前大統領の除名発表
親朴派議員は反発

2017/11/3 19:04
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国の保守系最大野党「自由韓国党」の洪準杓(ホン・ジュンピョ)代表は3日、収賄や職権乱用の罪などで起訴された朴槿恵(パク・クネ)前大統領を除名したと発表した。朴氏に近い議員は除名は無効と反発しており、朴氏の処分を巡る党内の抗争が続きそうだ。

洪代表は同日夕の記者会見で「現政権は自由韓国党に『朴槿恵政党』との烙印(らくいん)を押し、保守勢力を壊滅させようとしている」と主張。来年6月の統一地方選を戦うには、朴氏とたもとを分かつ必要があると強調した。

これに対し、親朴系議員は、朴氏を除名するには党最高委員会での表決が必要と主張し、除名の無効を訴えた。

韓国では来年6月の統一地方選をにらみ、朴氏の疑惑を巡って分裂した保守政党が再結集する動きを見せている。保守系第2党「正しい政党」の一部議員は自由韓国党に合流する条件に、朴氏と朴氏に近い親朴派議員の除名を掲げており、自由韓国党は朴氏を除名するための党内調整を続けてきた。

韓国の保守政党は朴氏に反発する議員が旧与党セヌリ党(現自由韓国党)を離党して1月に正しい政党を結党、分裂した。5月の大統領選では進歩系「共に民主党」文在寅(ムン・ジェイン)候補が圧勝。保守系野党が分裂したまま来年6月の統一地方選に臨めば与党の圧勝を許しかねないとの危機感が強まっている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報