市場に安堵広がる パウエル氏内定、円安・株高の見方多く

2017/11/3 20:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

FRB次期議長にパウエル理事が内定すると日米の市場では「イエレン議長の路線が継続される」との見方が広がった。米国の金融政策は緩やかな正常化を目指すとの安心感から2日の米市場ではダウ工業株30種平均が続伸し7営業日ぶりに最高値を更新した。日米の金利差拡大により日本市場でも円安・株高傾向を予想する声が多い。

エバコアISIのエコノミスト、エド・ハイマン氏らは「ようこそミスター・パウエル」と題したリポ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]