/

皇居で文化勲章親授式 藤嶋さん「後継者つくりたい」

文化の日の3日、皇居・宮殿で文化勲章の親授式が開かれた。東京理科大学長で光化学・電気化学が専門の藤嶋昭さん(75)、洋画家の奥谷博さん(83)、東洋文庫文庫長で中国史の斯波義信さん(87)ら5人に天皇陛下から勲章が授与された。

ほかの受章者は、雅楽奏者の芝祐靖さん(82)、大阪大名誉教授で分子生物学の松原謙一さん(83)。

斯波さんが代表して「それぞれの分野で一層の努力、精進を重ねる決意です」とあいさつ。陛下は「長年努力を重ね、大きな業績を収められ、文化の向上に尽くされたことを誠に喜ばしく思います」と述べられた。

式後の記者会見で、藤嶋さんは「長年の研究を評価してもらったことが一番うれしい。理科離れを防ぎ、後継者をつくっていきたい」と語った。奥谷さんは「芸術に終わりはないという気持ちで心を新たに頑張っていきたい」と話した。

芝さんは陛下と皇后さまの結婚の際、お祝いのオーケストラ作品をつくった話を披露。「私を育ててくれたのは宮内庁楽部。雅楽を発展させたい」。松原さんは「陛下が終始にこやかに接してくださって感激している」と振り返った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン