/

石破氏、質問時間配分見直しに苦言 「フェアでない」

自民党の石破茂元幹事長は2日の派閥会合で、国会における与野党の質問時間の配分見直しに関し「与党は法案も予算案も、国会提出前に政府とさんざんやりとりしている。割り引いて考えないとフェアではない」と苦言を呈した。「議席数に応じた時間配分という議論はそもそも成り立たない」とも述べた。

一方、二階俊博幹事長は党所属の若手議員から、配分見直しを求める提言を受け「実現しないといけない」と意欲を示した。石崎徹衆院議員らが提言した。議員同士による討議の導入や審議拒否ができないルールづくりも求めた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン