ラグビーW杯で消費喚起、高額観戦ツアーを商品化へ

2017/11/3 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会を2年後に控え、決勝戦などを行う日産スタジアム(横浜市)を抱える神奈川県内で関連消費の盛り上げ策が活発化してきた。県と横浜市はJTBと連携し、観戦ツアーを商品化する。9~10日に英ロンドンで開く商談会では鎌倉や箱根など県内観光情報を発信し、地域の魅力をアピール。富裕層が多いとされるラグビーファンの高額消費も喚起する。

ラグビーは試合間隔が1週間程…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]