送電線よさらば 電力完全自給住宅

2017/11/6 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国太陽光パネル大手のインリー・グリーンエナジーの日本法人(東京・港、山本譲司社長)は、電力をすべて自給できる住宅「オフグリッドハウス」の販売に乗り出す。電力会社の系統電源に接続せず、自前の発電設備と蓄電池で電力を賄う。太陽光発電の需要が大規模から住宅向けなどに移りつつあるなか、新たなモデル作りから提案することで安定的なシステム販売につなげる。

インリーは茨城県の住宅販売会社ファーストステージ(…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]